うつ病と脳内物質

うつ病と脳内物質

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の研究

うつ病の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は現代の医学の進歩により、大きく進んでいると言われています。
うつ病に関してどのような研究がなされているのかを紹介しましょう。

 

これまでは鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を観るたまにはその生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)パターンや話し方など、外からわかることを積み上げて診断していました。

 

しかし、その症状は健常者がうつの気分になっているものとかなりの違いがないでしょう。その為に正確にうつ病と診断することがむずかしいと言うのが現状になんです。また、うつ病の原因となっているものに関してはストレスなどが考えられるみたいですが、明確な原因が分かっているわけではないのです。

 

最近の脳科学(神経科学が一般的な名称です)研究によって、鬱病患者の脳の状態が健常者(心身に慢性的な疾患や障害がない人をいいます)と異なっていることがわかってきています。脳の中には情報を伝達させるためのシナプスと呼ばれるものがあります。

 

この状態が鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)特有の状態となりいる事が分かってきたといわれているようです。勿論、すべてが解明されているわけではありませんが、うつの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を和らげるための薬も作られるようになってきたのです。

 

負の感情が強くなる傾向に存在しているうつ病患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)ですが、その感情を作り出している脳内物質の存在が明らかになってきたになりますね。脳の中では実はいろいろな化学反応があり、それが自分と言う性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)を作り出しているのです。

 

私たちは心と言うものがある種の神秘的なものであると考えているはずです。しかし、それは脳の中で機械的に作り出されているものではないかことです。そういう症状を理解することができれば、鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)の治療は大きく前進することでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ