鬱病患者への接し方には注意が必要

鬱病患者への接し方には注意が必要

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の注意

精神疾患として現代人に多いのがうつ病です。うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)になると日常生活にも支障をきたしますし、仕事ができなかったり、学校に行けなくなったりします。

 

重症の鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)の場合であれね自殺してしまうケースもあるんです。一時的に強いストレスを感じてしまうことは誰にでもありますが、それだけでうつ病になるのではありません。

 

うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)には症状にあわせて、薬を飲んだり、生活を改善したりする事によって、少しでも症状を抑えてようとする処置が行われます。しかし、うつ病患者の多くが症状がすぐに改善するわけではありません。

 

おおよそ、治療で治るのは2割程度だと言われています。そして、2割には改善が見らせないでしょうし、残りの6割は改善しても、再発しているそうです。うつ病患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)が増えることによって、どのような影響があるのでしょうか?

 

その症状からわかるように、会社や学校などと言った日々の暮らしに支障をきたします。その人が働いていたであろう経済活動が停止するのですから、社会的な影響も無視出来ません。米国での鬱病による経済損失は年間500億円以上であると考えられています。

 

うつ病にかかった人の統計があるはずですが、その原因は明確にされていません。いろいろな要因が重なり合っているという事でしょう。また、自分がうつ病になっていると自覚可能なケースも少ないようです。しらないうちに自分がうつの気分に落ち込んでしまっているのです。

 

鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)患者への接し方には注意が必要です。しかし、その為にもただしいうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)の知識を持っていなければならないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ