鬱病チェックリスト

鬱病チェックリスト

薬を使わないうつ病改善プログラム

鬱病チェックリスト

自分が病気になりかけているのかを知る方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)として、チェックリストがあります。うつ病の場合もチェックリストに記入してみることで、うつ病の症状を確認することができます。

 

体の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の場合には症状が分かりやすいものですから、チェックリストの記入も気軽にできるようになっているのです。

 

しかし、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)ともなれね自分の心のことを書くのですので、少し状況が異になっているんです。

 

うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)に該当するような症状があると書けばそれが診断の参考にされるからです。本当にうつ病なのか、悪い見方をすればうそをついているのか、判断が難しいということでしょう。誰でも仕事で辛い思いをするよりも、楽な方を選びますよね。

 

うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)にたいするただしい知識がなければ、単なるずる休みに見えてしまうのです。しかし、うつ病が薬で治ることを考えれば、明らかな疾患なのです。表面に出てくる症状が誤解を招いてしまうのです。

 

最近では社会全体として鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)に対する考え方が変わってきました。

 

うつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)の場合なら休職も認められますし、障害年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)も支給されます。周囲の人の視線を気にするために、病院に行かない人もいます。

 

しかし、その我慢が更に、うつ病を重くしてしまったりすると言うことを理解しなければなりません。そのためのチェックリストとなっているんです。インターネット(遠くの人とテレビ電話をしたりできるのも、とても便利です)などでいろいろなサイトでチェックリストが掲載されています。

 

それを試してみることで、自分がどの程度うつの状況になっているのかを知ることができます。もちろん、病気ではない人も数多くいるでしょうが、病気(先天的なものも少なくないでしょう)になる前に対策することが最善の事なんでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ