家族が鬱病になってしまいその対応に疲れている

家族が鬱病になってしまいその対応に疲れている

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病と家族

うつ病の患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)を持つ家族はどのような苦労があるみたいです。直接的な影響としては、収入が減少してしまうと言う経済的な影響が大きくあります。それらについては年金や保険などで補う事も可能です。

 

しかし、それよりも精神的な影響の方が大きいと考えられます。それは、患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)への接し方について、神経を使わなければならないからです。励まさない、外に連れ出さないと言ったことは今では常識と思っている人も増加傾向にあるのです。

 

しかし、うつ病の症状に対する正しい知識をすべての人が持っているわけではないのです。事情をしらない人から見れば、仕事もせずに遊んでばかりいるように見られてしまいます。それは家族にとっても精神的ダメージんですよ。うつ病患者を支えているのは最終的には家族の理解です。

 

それなくして完治はあり得ません。重度のうつ病と診断された場合は入院も考えるべきなんですよ。抗うつ剤の副作用を心配する必要もなく、家族としても気が休まるかもしれません。また、患者にとっても不要なストレスを感じなくて済みます。

 

あなたの家族が鬱病になってしまい、その対応に疲れているのであれば、入院を真剣に考えてください。うつ病ではなく要介護者がいる場合では家族の方がうつ病になってしまうケースもあります。うつ病になってしまっては、結果的に周りに迷惑をかけてしまうのです。その前に予防をすることを考えてください。

 

うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)の予防は様々なところに情報があります。ただし、症状についての自分の判断は誤ることがありますから、できるだけお医者さんに診せることが大事ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ