うつ病は会社の業務内容に問題がある?

うつ病は会社の業務内容に問題がある?

薬を使わないうつ病改善プログラム

鬱病と現代人

現代人の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)として、さまざまなところで話題となっているのがうつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)です。

 

現代はストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)社会だから、うつ病が増加しているのだと考えられています。勿論、それは否定できませんが、自分のことをよく観て、予防することも可能になりました。

 

うつ病の症状としては憂鬱な気分、やる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)が出ない、何もする気が起きない、運動をしなくなる、睡眠不足になるなどの症状があります。もちろん、人による違いが大きいですので、周りの人には分からない場合があります。

 

うつ病が現代人に多いと言うところもが指摘されるようになった背景には、うつ病によっては仕事を休まなければならない人が増えてきたからです。そして、そのまま復帰できない人もいます。現代のうつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)は薬によっても治すことが出来るでしょう。

 

また、薬以外でも運動等の治療方法が研究されています。うつ病は治らない病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)ではなくてなっているんですね。その事を正しく理解することが重要となってきます。

 

企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)などではそのための講習会なども開かれているかもしれません。仕事ができなくなった社員を抱えている事は会社にとってマイナスでしかないものです。

 

そのような職場ではモチベーション(気分が高揚していることを指すわけではありません)の低下で、業績までもが低下すると考えられます。単に個人の病気だと片づけることは間畭なっています。そこがうつ病の現代の問題です。

 

うつ病患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)が企業で出たという事は、会社の業務内容に問題があるんじゃないかと問いかけられているのだと考えるべきです。

 

現代人は働くことが当たり前になっているのです。もちろん、それに異論はありませんが、快適に働く事が人に取って喜びと呼ねれているんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ