うつ病って自覚症状があるの?

うつ病って自覚症状があるの?

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の自覚症状

病気になったのであれね体の状態が変化しますから、自分でもわかることがあります。それが自覚症状と言うものです。病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)によっては自覚症状を感じないものもあるはずです。うつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)の場合ではどうでしょうか?

 

症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の特徴を述べるのなら憂鬱な気分で、運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)や日常のことなどをしたくなくなってしまいます。

 

それが鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)の症状なのか、単にそういう気分なのかは周囲の人も自分にもわからないことがうつ病の特徴みたいですよ。うつ病であることを患者本人が認定したがらないと言った事もあるかもしれませんね。

 

また、うつ病に対する正しい理解がない場合も多いようです。自分がうつかもしれないと思うと、それを隠そうとするケースってあると思います。周りの人に迷惑をかけたくないとか、仕事をしなければならないと言った強迫観念もあるみたいです。

 

うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)の症状は脳内のホルモンバランスが壊れているから生じるのですが、そのことを考えることさえできなくなっているのです。私たちの心は不思議なになるでしょう。

 

病気ではなくても同じような状況を示すことが多いはずです。うつ病に対する正しい理解と、接し方が分かっていれば、それだけの事で患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)にとってはよいだといえますね。病気の治療のために仕事を休む必要がありますが、それは仕方のないことなのです。

 

単純な病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)ではないために、いろいろな噂となってしまうことを恐れる人もいます。家族から理解されずに病状が悪化してしまうケースもあるでしょう。

 

鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)にたいするただしい知識を持つ事が大切になります。あなたの周りにもうつ病になってしまっている人がいるのではないでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ