うつ病の原因はストレスなの?

うつ病の原因はストレスなの?

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病とストレス

ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)を感じていない人はいないのではないかと思います。毎日たくさんの方がストレスを感じています。過度のストレスは体調を壊す原因になってしまうでしょう。うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)は過度のストレスによるものです。

 

もっとも、どのようなことがストレスとなるかは人によって変わってきます。鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)になりやすい性格の人がいらっしゃるでしょうねが、それは通常の人が感じないようなことをストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)として感じてしまう為でしょう。

 

しかし、人は過度のストレスはいけないでしょうが、適度なストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)は必要と言われています。それは、刺激として体を活性化させてくれるからです。外界の物理的、心理的変化が体にとっていい影響を与えるになるかもしれません。

 

さて、うつ病になるきっかけはなのでしょうか?ある日不意に症状が出て、うつ病になる訳ではないのです。会社の中でのストレスが少しずつに溜まっていくのでしょう。仕事でうまくいかなかったとか、強く叱責されたと言ったことが引き金になる事はあるでしょう。

 

しかし、周囲の環境をずっとストレスとして感じていたことが本当の原因とかんがえていいのです。うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)として、まず休養をとることが重要なのです。

 

当然、仕事は休まなければなりません。それまでのストレスをいったん排除することが大切です。自宅での療養生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)では家族の理解が大きなポイントだと言えますね。

 

正しくうつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)を理解していれば、患者への接し方が変わってきます。通常の常識的な考えて接してしまうと、うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)の症状を悪化させてしまうことになるのです。

 

環境を大きくかえることもストレス軽減の面からよいことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ