うつ病の症状を見極めるには?

うつ病の症状を見極めるには?

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の症状の特徴

うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)について、たくさんの方がその名称を知っているのにどんな症状なのかは正確に理解されていません。

 

それは鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が性格的なものや、日常的な気分の落ち込みとよく似ているからです。

 

だれでも月曜の朝は会社に行きたくない気持ちがあるみたいです。不登校(フリースクールやフリースペースに通うことで、問題の解決に繋がったり、引きこもりになってしまうのを防げることもあります)の児童でも午前中の学校に行く時間になると、非常にふさぎ込んでしまいますよねが、午後になったら元気になる事がよくあります。

 

うつ病患者でも午前中にはうつ状態がひどく、午後や夜中になると元気になる症状が見られるはずです。この症状は日内変動と呼ばれるものですが、不登校の子供の様子とほとんど区別ができないのです。そのため、うつ病なのかどうかを見極めることが難しくなるのです。

 

うつ病の症状を列挙すると、うつの気分が強い、感情の起伏が少なくなる、食欲の減退または過度の増進、睡眠時間の不足、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動の障害、気力の減衰、強い罪悪感、思考力・集中力の低下、自殺(有名人の場合にはかなり大々的に報道されることが多いものです)願望などがあります。

 

しかし、それぞれの症状は気分的にうつ状態の人と変わりないのです。鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)が病気であるといった認識は現在でも多くの人に誤解を与えています。鬱病患者に対する周りの行動がさらにうつ病の症状を悪化させてしまうことも多いのです。

 

私たち現代人は多くのストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)に悩まされているようです。もちろん、たいていの人はうつ病にならずに済んでいます。几帳面(すみずみまできちんとしていることをいいます)な性格の人ほどうつ病になりやすいと言われているのは知っていますか?

 

精神疾患ですので、心の状態が病気の進行に大きく影響しています。うつ病の症状に関して、正しい理解が必要なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ