うつ病の人は口数が少なくなったり声が小さくなったり

うつ病の人は口数が少なくなったり声が小さくなったり

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の主な症状

現代人の多くがうつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)やその傾向に存在していると言われています。
うつ病ではどのような症状があるんでしょう。
まず、うつな気分になっていることが挙げられます。
気持ちが沈んで憂鬱ですよね。
すべてがネガティブ(否定的という意味もありますね。ネガティブキャンペーンやネガティブアプローチといった表現もあります)な考えになってしまうのです。
「希望がない」「やる気(人によって、どうすれねやる気が出るかは違いますから、自分がどうすれねやる気が出るのかを工夫してみましょう)が出ない」「悲しい」「行動したくない」と言う気分です。
しかし、これがうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)を誤解する場合にもつながっているでしょうね。
個人の性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) やものの考え方によるのではないかと間違われるからです。
それから、興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)や喜びを感じることがなかなくなるでしょう。
人と話をすることが億劫になり、テレビなどにも関心がなくなってしまうそうです。
精神的な症状のほかに、周りから見てわかる症状もいろいろ多々あるのです。
食欲の減退または増加です。
それまでと変わって、病的な減退と病的な増加です。
どちらになるかは個人差があります。
それから睡眠不足、または睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)過多です。
不眠の人が多いのですが、気力なくていつまでも寝ているケースも見られます。

それから、精神運動の障害があるそうです。
体の動きが極端に悪くなるみたいです。
動きが遅くなったり、口数が少なくなったり、声が小さくなります。
専門的には精神運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)制止と呼ばれているものです。
また、逆に焦燥感が強くなり、いつもイライラして落ち着きなく体を動かしたりすることもあります。
いつまでも話を続ける事によっていることもあります。
周りの人にはうつ病だということがわかりにくい症状ですね。
以上のようにうつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)には相反する症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)がみられるのが特徴です。

うつ病の人は口数が少なくなったり声が小さくなったり関連ページ

種類と治療法
躁うつ病ってどんな症状?
うつ病とサプリメント
うつ病におすすめのサプリメント
うつ病の治療とサプリメント
最近、口数が少なくボーとしていることが多くなりました
どう接したらいいのか?
ホルモン調整で改善することができる?
治療法として薬が一般的なのですが副作用などがある
インターネットでうつ病チェックができる?
薬の効果は2週間程度
擬態うつ病とは?
ブログではその情報源が重要
何科に行けばよいのでしょう?
改善するために有酸素運動がいい?
うつ病の症状を見極めるには?
原因はストレスなの?
仕事が原因でなる?
検査をしようとしている時点でうつ病ではない
症状が同じような病気もある
自覚症状があるの?
治療は大きく前進しました
老人性うつ病の症状とは?
会社の業務内容に問題がある?
家族が鬱病になってしまいその対応に疲れている
鬱病チェックリスト
患者への接し方には注意が必要
診断には専門家の知識が必要
うつ病になった人のほとんどは治らない
そううつ病とは?
うつ病と脳内物質
治療に薬が使われている
うつ病と障害年金
完治した人でも再発のケースもあります

ホーム RSS購読 サイトマップ