うつ病は何科に行けばよいのでしょう?

うつ病は何科に行けばよいのでしょう?

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の病院

うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)の症状が見られたら、まず病院で診察を受けなければならないのです。何科に行けばよいのでしょう。精神科(精神神経科ともいい、精神発達遅滞や中枢神経疾患なども診療対象となるでしょう)、心療内科、神経科など似たような名前の病院がありますよね。

 

細かい区分はあるものの、一般的にはうつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)は精神科です。もちろん、心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)に行ってもうつ病の知識はありますので、必要に応じて別の診療科を紹介してくれます。

 

いきなり精神科(精神疾患を扱います。精神的な症状、心の問題などを専門に扱う科です)に行くのは訳もなくいやだと考えている人が多いため、わざと紛らわしい名称にしているケースもあるのです。しかし、精神内科と言うところではうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)は扱っていないだと言えるのです。

 

また、大きな病気院よりも診療所やクリニックなどの小さい病院の方がいいようです。きめ細かい対応が期待出来ます。最近はインターネットなどで病院の検索ができるようになりました。それぞれの病院がどの程度の診療科を持っているのかすぐにわかるのです。症状だけではうつ病とハッキリわかっているわけではないですから、最初のうちは近所の病院をあたってみましょう。

 

通院することも考えておいて下さい。鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)患者に取っては行動することが非常に難しいケースもあるでしょう。なるべく移動距離を少なくする配慮をしてください。電車などといった公共交通機関での移動は止めた方がいいですね。

 

また、初めての病院にいきなり行くのも気が進まないものです。市町村の相談窓口などでも病院を紹介してくれるだといえます。うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)を治すには薬ときめ細かいケアが必要になります。

 

話を聞いてくれて、いろいろな情報を提供してくれるお医者さんがいいお医者さんと考えていいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ