擬態うつ病とは?

擬態うつ病とは?

薬を使わないうつ病改善プログラム

擬態うつ病

擬態うつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)と言う言葉を聞く事もあるのですか?その名の通りうつ病ではないのだけれども、うつ病のような症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を示すことです。

 

当り前ですが、心の病気であるケースもありますが、そうでは無く気の持ちようによるところが大きい部分もあります。うつ病が現代人に多くなった背景はいろいろと考えられるのですが、うつ病にたいする多くの人の誤解がありますよね。

 

鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)になった人の症状と単にやる気が出ない方を手軽に区別することができないからです。専門家に診てもらうしかありません。

 

また、不幸な場合であれば家族でさえもうつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)を理解する事ができないのです。擬態うつ病と言う書物があります。このタイトルだけを見て、更に、誤解をしている人も多いようです。

 

仕事でうまくいかなかったとか、上司から叱責されたと言うことがストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)となり、うつ病に至ってしまうことはあるのですよ。しかし、擬態うつ病と言う事もあるのです。いずれにしても心が病んでいるのですから、精神科(精神疾患が診療対象の診療科目です)で診察を受けることが重要です。

 

鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)だと言うことを自分も認めたくないし、周りもそれを認めない雰囲気がある場合にはうつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)は重症になっていきます。現代のうつ病は治療によって治ります。

 

しかし、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)を軽く見ているために再発するケースも多いと言われているのです。うつ病が心の風邪だと言った軽い物ではないと思っています。気分の落ち込みとうつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)を同じように考える人の話なんですね。

 

脳内のホルモンのバランスが壊れたたためにうつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)なっているんです。多くの人がうつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)に関する正しい理解が必要なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ