インターネットでうつ病チェックができる?

インターネットでうつ病チェックができる?

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の症状と診断

精神科ではうつ病の診断をする際にどのような点に注意しているのでしょうか?一般的なうつ気分は誰にでもあります。そういった症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)だけでうつ病と判断する事はできないのです。しかし、最近では軽いうつからうつ病へ進行する可能性があることも指摘されています。

 

インターネットやペーパーでのうつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)のチェックが気軽に行えるようになってました。自分が鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)ではないかと思うのであれば、チェックをしてみることをおすすめします。

 

もちろん、最終的な判断は専門の医師にゆだねなければならないでしょうが、その目安と考えてみましょう。また、家族の中にそういった様子の方がいるのであれば、あなたがチェックを勧めてもいいかも知れません。うつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)の診断で重要なことはうつ状態が続けることによっているかどうかです。

 

人は誰でも毎日楽しいことばかりではありません。つらいことや気が滅入ることがたくさんあるのです。そういったことだけでうつ病と診断されてるはずはありません。そうであれば殆どの方がうつ病になってしまうからです。

 

うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)は自分の気持ちに関係なく、脳の中でうつ状態を作りだしているホルモンがあるのです。正常な人の場合はそれをコントロールすることができますが、うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)になってしまうとそれが難しくなるのです。

 

うつ病に対する誤解は、その症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)にあるんですね。周りの人から見れね、やる気(とりあえず、やる気が出なくても始めてみるというのも一つの方法です)がない人に見えてしまいますね。健常者の場合はうつ状態が数週間も継続することはありません。

 

気分転換ができるからです。うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)かなと自分で思うことができるのであれば、それはうつ病ではないでしょう。しかし、その兆候はあるので、まずは病院で検査んですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ