うつ病の治療法として薬が一般的なのですが副作用などがある

うつ病の治療法として薬が一般的なのですが副作用などがある

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の改善

自分がうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)ではないかと感じているのであれば、まだ症状は軽いと考えられます。そういった人であれば、ちょっとしたことで症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を改善することができますので、その方法を紹介しますね。

 

一つは運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)です。うつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)の治療法として薬が一般的なのですが、副作用などがあるので、できれば薬を使わないことを考えている人も多いみたいです。

 

そのような人には軽度な運動をお勧めします。うつ病と運動の効果はいろいろな人が研究していると思います。日々の生活にかなり支障のある患者に対して、週3回、1時間のウォーキングを実施した研究です。

 

有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)を行うことによって、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)の大幅な改善が見られたと言う事なのです。

 

また、薬と有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を併用するより、有酸素運動のみの場合の人が症状の改善は大きいこともわかったのです。有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)でうつ病が改善するのはなぜでしょうか?

 

これは脳内のホルモンの状況が変わることにあると考えられています。運動によって脳内にはセロトニンが増加します。セロトニン(神経伝達物質の一つです)はアミノ酸(タンパク質を構成している最小の大きさの成分になります)であるトリプトファンから生成されるのですが、通常状態ではトリプトファンがアルブミンと結合しているために、脳内にトリプトファンが入ることはありません。

 

しかし、有酸素運動によって体の中の脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過度に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)が分解されるのです。そして血液中の遊離脂肪酸とアルブミンが結合します。その結果、トリプトファンが脳内に入り、セロトニンに変化すると言う仕組みです。つまり、自分の体の中でうつ病の薬を作り出していることになるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ