うつ病の人にどう接したらいいのか?

うつ病の人にどう接したらいいのか?

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病の接し方

うつ病が病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の中では特殊なものであることはよく言われることです。

 

それは心の病ですが周囲の人たちは患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)に対してどのように接すればいいのかよく分からないと言う事もがあるからです。うつ病の事を単に気分がすぐれないとか活気がないと言った程度のことだと思っている方も多いです。

 

しかし、うつ病になった人は周囲からの声掛けで気分がよくなることはありません。つまり、会話によっては気分をコントロールすることができません。そこが健常者(心身に慢性的な疾患や障害がない人をいいます)とうつ患者の大きな違いです。すべてのことに対し、やる気を出せないのです。

 

日常生活の中で気分がすぐれず、やる気(なるべく最初のハードルは低くして、徐々に上げていくというのが、挫折しないコツなんだとか)が出ないと言うことはよくあるのですが、それはうつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)ではありません。

 

ちょっとした事がきっかけでやる気(人によって、どうすれねやる気が出るかは違いますから、自分がどうすれねやる気が出るのかを工夫してみましょう)がよみがえってくるからです。

 

うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)に接するためには、まずうつ病の症状についてただしい理解が必要なのです。

 

うつ病は気分だけで改善することはありません。病院で薬をもらう必要があるでしょう。うつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)の症状は目で見えるものだけで判断することはできません。しかし、日常生活を観察することによって、その症状の度合いがわかります。

 

一般的には午前中は症状が重く、午後になると比較的症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が軽い傾向にあります。これは日内変動と呼ばれるですよね。

 

この症状が多くの方に誤解を与えてしまうのです。単にやる気(人によって、どうすれねやる気が出るかは違いますから、自分がどうすれねやる気が出るのかを工夫してみましょう)のない人の気分と酷似している為です。

 

うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)患者に対する注意としてよく言われることに「がんばれ」と言う言葉は禁物だと言いますよね。

 

うつ病患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)にとって、周囲からの言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)は悪い方向に向かう事が多いはずです。

うつ病の人にどう接したらいいのか?関連ページ

種類と治療法
躁うつ病ってどんな症状?
うつ病とサプリメント
うつ病におすすめのサプリメント
うつ病の治療とサプリメント
最近、口数が少なくボーとしていることが多くなりました
ホルモン調整で改善することができる?
治療法として薬が一般的なのですが副作用などがある
インターネットでうつ病チェックができる?
薬の効果は2週間程度
擬態うつ病とは?
ブログではその情報源が重要
何科に行けばよいのでしょう?
口数が少なくなったり声が小さくなったり
改善するために有酸素運動がいい?
うつ病の症状を見極めるには?
原因はストレスなの?
仕事が原因でなる?
検査をしようとしている時点でうつ病ではない
症状が同じような病気もある
自覚症状があるの?
治療は大きく前進しました
老人性うつ病の症状とは?
会社の業務内容に問題がある?
家族が鬱病になってしまいその対応に疲れている
鬱病チェックリスト
患者への接し方には注意が必要
診断には専門家の知識が必要
うつ病になった人のほとんどは治らない
そううつ病とは?
うつ病と脳内物質
治療に薬が使われている
うつ病と障害年金
完治した人でも再発のケースもあります

ホーム RSS購読 サイトマップ