最近、口数が少なくボーとしていることが多くなりました

最近、口数が少なくボーとしていることが多くなりました

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病について

現代人の病気としてうつ病は典型的なものではないでしょうか?うつ病の症状としては、ボーとしていることが多くなり、口数が少なくなります。学校や会社を休むようになるのも特徴です。うつの気分というのは誰にでも理解できることかもしれないですが、実際にうつ病患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治

 

療のための努力をすることが大切ですね)の症状を理解することは難しいと言われています。鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)なのか、単なる気分なのかは専門の方でなければ判断できないのです。

 

脳が委縮することによる集中力(個人差はあるものの、人間が集中できる時間は15分から30分くらいだといわれています)の欠如や記憶力の低下が見られることもあります。また、身体的な症状も出てくることがあります。

 

頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)、不眠症(睡眠に関する障害は長期化すると、精神的にも肉体的にも深刻な影響を及ぼします)、胃炎、胃潰瘍などで悩まされるケースもあるようです。

 

それら体調の不調により、体重の減少が見られたり、逆に過食による体重増加があったりするのです。学校や会社を休むことにより対人関係は悪化していきます。そのままであれば悪循環(あることが悪いことをもたらし、さらにそれが悪いことをもたらすことを繭り返している状態をいいます)に陥ってしまうのです。

 

うつ状態とうつ病は異なっていることを理解しておいてください。一時的なストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)によってうつ状態となることは誰でも経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)していることです。

 

また、季節の変化や体の変化によって気分がすぐれなくなる人も多いのです。一般的に考えられているうつ病とは、うつ状態が2週間以上に亘って継続する事でおり生活に支障をきたしている状態です。

 

うつ状態が重症状態になっていると言うことです。現代人は毎日ストレスを抱えて生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)しているのです。

 

その為に、うつ病で休職状態になる人の数も年を追うごとに増加しているのです。うつ病を正しく理解して、生活復帰を目指すことが重要なのです。本人だけでなく周囲の協力が必要なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ