うつ病と障害年金

うつ病と障害年金

薬を使わないうつ病改善プログラム

うつ病と障害年金

病気によって働く事が出来てなくなった人の為に、いろいろな費用を補助する目的で障害年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)と言うものがあります。国民年金と厚生年金によって少し違いはあるものの、基本的な考えは同じです。

 

うつ病の症状を訴える方の場合も障害年金の受給が行われています。もちろん、うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の程度によって障害年金の金額が畭なります。

 

厚生労働省が示している年金の認定基準を見て下さい。鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)は気分障害または感情障害と呼ばれる区分となります。障害の度合いは1から3まであると思います。

 

1級は一番重い障害で、高度の気分、食欲・行動の障害および高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、頻繁に繰り返したりしますから、常時の介護が必要な物とあります。つまり、鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)になって、一人での日頃の暮らしが困難であると言うことなのです。

 

うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)の患者を持つ家族にとっては、収入減が経たれるだけでなく介護の為の費用が発生することになりますね。そのための経済的な負担はかなりなものになるのです。障害年金はそれを補うために支給されます。

 

うつ病における障害年金の支給はその症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の判定がむつかしいという問題があります。

 

沢山の鬱病(昔よりは理解されるようになったとはいえ、まだまだ偏見があるようです)患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)が症状の改善と悪化を繰り返すからです。一時的な症状だけを見て判断してはいけないのです。

 

症状の経過および日常生活の状態を考慮することが大事なのです。年金の申請は家族が行うのですが、本人の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)状況について、家族に対するアンケートがあるんです。必要以上に悪い状況となるように記入することはできませんが、それが等級判定の参考となりますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ