うつ病の治療に薬が使われている

うつ病の治療に薬が使われている

薬を使わないうつ病改善プログラム

鬱病の薬

心の病であるうつ病の治療に薬が使われていると耳にしてなんだか不思議な気がしませんか?うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)はストレスなどがたまってしまってかかる病気なのでしょうか?

 

ストレスによってうつ状態になる人はたくさんいますが、うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)は症状こそ似ていても全く別のものと考えるべきです。うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)の症状というのは気分的なものではなくて、病気なのです。

 

うつ状態を発生させる脳内物質(分泌することで、精神や肉体に大きな影響を与えます)の存在が明らかなっているんですね。その物質が脳内にあることで、うつ状態を作り出してしまうのです。患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)本人がそのような気分になっていたら言うことではないのです。

 

そのようなメカニズムですから、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)に対し、カウンセリングなんかの心のケアでは効果が表れないのです。

 

うつ病患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)に処方される薬を紹介しましょう。これらの薬は医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)の処方がなければ入手できません。

 

間違って飲んだりすると非常に危険であることを理解しておきましょう。

 

インターネット(最近では、意識が甘いためにブログが炎上したり、仕事をクビになったり、学校を退学になる人も少なくないでしょう)の通販(自分の目で商品を確認できない分、トラブルも起きやすくなります)サイトなどではそれらの薬を入手できることもありますが、違法であることを認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)しておいてください。

 

さて、その薬ですが、副作用の少ない抗うつ剤として、選択的セトロニン再取り込阻害薬(SSRI)やセトロニン・ノルアドレナリン再取り込阻害薬(SNRI)があるみたいです。これらの薬が認可されてから、そんなに時間が経っているわけではありません。

 

脳の中で、やる気や落着き、イライラや怒りなどをコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)するホルモンがノルアドレナリンです。

 

うつ病の症状としてはこのバランスが崩れたことによる状態なのです。もちろん、健常者でも一時的にホルモンのバランスが崩れる可能性がありますが、すぐに元に戻るだといえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ