男の子を産み分けるにはどうしたらいいですか?

男の子を産み分けるにはどうしたらいいですか?

薬を使わない有名な産み分け法

ねっとりたっぷり女性が感じるようなセックス

産み分決して男の子がほしい場合は、病院に相談すると九割に近い確率(計算することは可能ですが、あくまでも目安でしょう)で成功するそうです。とはいっても、百パーセントではないので、女の子が生まれても大切に育ててあげましょう。

 

受精すると男の子が生まれる「Y精子」には、受精すると女の子が生まれる「X遺伝子」よりも、運動のスピードが速く、アルカリ性に強くて、熱に弱く、寿命が短いという特徴があります。ですから、セックスするなら排卵日の前日か当日、遅くても一日後がいいはずです。

 

膣内の酸性を中和させるために女性がすごくたくさん感じる必要がありますから、濃厚で丁寧な前戯が欠かせません。その為、セックスが上手な男性の子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)は男の子が多いといわれています。

 

ほかにも、産婦人科などで売られているグリーンゼリーを使う方法やセックスの直前に重曹水で膣内を洗浄する、日常的にリンカル(リン酸カルシウム)を服用する方法もあります。リンカルを二ヶ月以上毎日4錠飲み続けると八割から9割の確率(運がよけれね、運が悪けれねなんてよくいいますね)で男の子が生まれるとなっているんです。

 

リンカルは産婦人科で入手できます。また、セックスの30分ほど前に、男性がカフェイン(アルカノイドの一種で、コーヒーはもちろん、緑茶、紅茶、コーラ、チョコレートなどにも含まれています)を含む飲み物を飲むと、Y精子が活発になるんです。局部が高温にならないように、ゆったりとしたトランクスを着用するのもいいかもしれません。

 

男の子を産み分けしたいなら、産婦人科で排卵日を特定して、リンカルを服用する習慣を持ち、女性はグリーンゼリーをセックスの直前に使い、男性はセックスの30分程度前になってしまうとコーヒーや緑茶、紅茶などを飲むようにして、ねっとりたっぷり女性が感じるようなセックスをするといいでしょう。

男の子を産み分けるにはどうしたらいいですか?関連ページ

女の子を産み分けるには?
有名な産婦人科は?
産み分けカレンダー

ホーム RSS購読 サイトマップ