女の子を産み分けるにはどうしたらいですか?

女の子を産み分けるにはどうしたらいですか?

薬を使わない有名な産み分け法

男性だけが満足するセックスが最適です

産み分けしてでも女の子がほしいという人も多いでしょう。でも、現在のところ、病院で産み分けをお願いしても、7割から八割の成功率だそうです。女の子の方が男の子よりも産み分けできる確率が低いので、産み分けで女の子が欲しい場合は、男の子だとわかっても中絶しない覚悟で試してみてください。

 

病院によっては、産み分けに協力してくれない所もあるでしょうし、産み分けを指導してくれる病院はかなり費用がかかります。男の子でもいいけど、できれば女の子がほしいと思っているなら、ダメモトで自分でできる産み分け法を試してみるのもいいかもしれません。

 

簡単にできる産み分け法としては、排卵日の二日から三日前にセックスして、しかも、女性ができるだけセックスで感じないようにするという方法があります。

 

精子には受精すると女の子が生まれる「X精子」と男の子が生まれる「Y精子」があり、女の子を産み分ける為には極力X精子が受精しやすい環境をつくらなくてはいけません。Y精子の方がX精子よりも寿命が短いので、排卵日にはX精子だけが残っているというタイミングでセックスすると女の子が生まれやすくなるみたいです。

 

また膣の中が酸性だとY精子の多くが死滅するだと言えると思います。女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が感じると膣内が中性になってしまうので、女の子の産み分けのためには短めの男性だけが満足するセックスが最適でしょう。

 

産婦人科などで売っているピンクゼリーを使ったり、あまり一般的ではありませんが、セックスの直前に食酢で膣内を洗うと膣内が酸性かも知れません。

 

他にも、カフェインを摂らないようにする、男性がブリーフなどを着用して局部の温度をあげ、Y精子の数を減少させるなどといった方法がありますが、何れも確実ではないのです。

女の子を産み分けるにはどうしたらいですか?関連ページ

男の子を産み分けるには?
有名な産婦人科は?
産み分けカレンダー

ホーム RSS購読 サイトマップ