めまいと耳・血管の病気

めまいと耳・血管の病気

薬を使わないめまい改善法

めまいの病気

めまいの症状がでる病気(先天的なものも少なくないでしょう)はいろいろと考えられるでしょうが、大きく分けると耳についての病気と血管についての病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)に分けられてると言われているものです。

 

耳の病気の場合は耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)や吐き気などを伴いらっしゃるでしょうね。当り前ですが、すべてのめまいが重大な疾患とは限りませんが、強いめまいが頻繁に起こるようであれば、病院で検査をして貰う事が大事です。

 

耳の病気では真珠腫性中耳炎、外リンパ瘻、メニエール病、突発性難聴、内耳炎等があるでしょう。あまり聞いたことのない病名が少なくないようですね。これらの治療法は明確にはありません。安静にしておくことで自然に治る事もあります。

 

炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こしている場合は投薬が必要となるでしょう。また、手術をするケースもあります。不整脈によってもめまいが生じることもあるでしょう。まれに、心筋梗塞(虚血性心疾患の一種です)がめまいの原因になるケースもあるのです。

 

めまいの原因は耳の奥にある三半規管が異常に刺激されることによって起こるものと、三半規管の信号が正常に脳に伝えられない事によって起こるものがあります。貧血(主な症状として、動悸や息切れ、倦怠感、頭痛、肩こりなどがあります)などによってふらつくケースは脳への血流が一時的に低下したものです。

 

めまいで注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しなければならないことは、突発的に発生する場合です。ひどい場合は立っていられなくなり、倒れてしまうこともあるかもしれません。くりかえしめまいを起こしている人は日頃から薬を飲んでいることもあるようです。

 

いずれにしても、めまいの原因となっている病気を特定し、治療をすることが重要となってくるでしょう。そのためには専門の病院で検査を受けましょう。しかし、めまいが収まった状態では検査で原因が見つからないことも多いようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ