脳卒中や脳梗塞などめまいを感じる?

脳卒中や脳梗塞などめまいを感じる?

薬を使わないめまい改善法

めまいの症状と原因

病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)としてはっきり自覚できないものにめまいがあるでしょう。軽いものから重症のものまであるものですが、その症状は人による違いもあるため多様な原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)があるんです。

 

めまいとは一般的には目が回ったり、目がくらんだりする事です。頭痛と同じように日常生活の中で時折発生するとかんがえていいでしょう。軽いめまいならばありふれた症状といえるでしょう。但し、人によってその表現が異なるでしょう。

 

周囲が回っているように感じるとか、雲の上を歩いているようなふわふわした感覚などです。医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)でめまいがあるのでしょうかかと聞かれても、はっきりと答えられないケースが多いです。

 

座っている状態から、急に立ち上がった時に起こる立ちくらみもめまいの一種と考えられますが、これは貧血状態によるものなのです。めまいはそれ自体が病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)ということではなく、原因になる症状があって、それに伴って発生すると考えていいでしょう。

 

めまいとはどのようにして感じるのでしょうか?目眩を感じるためには、日頃から体を支えている平衡感覚が重要なポイントです。平衡感覚についてはよく知られているように三半規管と言う部分が司っています。耳の中に存在している器官です。

 

その三半規管から脳幹、小脳へと伝わり、私たちは体がどのような体勢に存在しているのかを認知します。その中のどこかに異常があれば、正しい認識(人生経験などによっても大きく左右されます)ができなくなります。

 

それがめまいと言う感覚になるのでしょう。めまいの要因として複雑です。平衡感覚の障害ではなく、脳内での障害の場合も目眩を感じるからです。脳卒中や脳梗塞などの場合も、まれにかといってめまいを感じると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ