めまいと糖尿病の関係は?

めまいと糖尿病の関係は?

薬を使わないめまい改善法

めまいと糖尿病

全身の病気からめまいになることはよくあります。めまいの要因として代表的なものに糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)があるんでしょう。

 

糖尿病は血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)の上昇がまず最初に現れますが、体中の血液の流れに影響を与えます。すべての細胞が血液によっては栄養分をもらっているのですから、糖尿病の影響は体のいたるところに出てくるのです。

 

めまいの要因として、内耳やその周辺器官に十分な栄養が届かないことがあげられるのです。つまり糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)になるとめまいを起こしやすくなると言うことです。

 

もちろん、糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)だけではありません。しかし、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)でめまいを感じるようになったならば、症状が進んでいると考えていいでしょうか?

 

多くの人は糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)の怖さを理解していますから、その治療は確実にやっているはずです。糖尿病によるめまいや耳鳴りなどは糖尿病神経障害と呼ばれます。

 

神経が正常な働きをしなくなっているという事になります。そのための薬などを処方されいる人も多いようです。当然、薬による治療は対処療法にすぎません。抜本的な解決策とは言えないのです。糖尿病にかかってしまうと、その完治は難しいと言われています。

 

できるならば糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)にならないような生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)をすべきなのです。

 

既になってしまっているのであれば、これからの生活を正しいものにしていきましょう。それだけのことでもめまいの改善は図ることができます。

 

血糖値(血糖ということもあるでしょう)のコントロールを行う事で体全体の働きをよくする事が出来るのです。めまいと言う表に現れた症状だけを見るのではなく、体全体の調子を把握行う事が大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ