大きく分けると回転性めまいと浮動性めまいがある

大きく分けると回転性めまいと浮動性めまいがある

薬を使わないめまい改善法

めまいの原因を知る

病気(先天的なものも少なくないでしょう)の原因を知る為には、その症状を詳しく観察しなければなりません。しかし、症状がよく似ていても、全く違った病気の場合もあります。体に異常を感じたら、病院で検査をして貰う事が大切なのです。

 

めまいも自己判断ではなく、お医者さんに診てもらうことが大切です。めまいで悩まされている方のほとんどは、一過性のめまいだと考えているからです。しばらく安静にしていれば、めまいが収まりますから、その原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)に関して深く考えていません。

 

当然、心配する必要のないめまいもありますが、重大な疾患の場合だってあるのです。めまいの症状について考えてみましょう。大きく分けると回転性めまいと浮動性めまいがあります。回転性めまいとは自分の体や周囲がぐるぐる回っていると感じるものです。

 

「目が回った」状態になってます。当り前ですが、実際に回っている訳ではありませんし、安静のために横になっている時もめまいが継続する場合だってあります。立っていられない状態になるのです。

 

回転性めまいの場合は耳の病気であると考えられるでしょう。耳の中にあるバランスを保つ器官の異常によるものです。それから、浮動性めまいとはふわふわとした感覚でしょうね。足が地についていないような感じです。

 

これは脳や全身の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の場合が多いようです。頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)や吐き気などをともなっている場合もあるらしいです。

 

このようにめまいの原因としてはいろいろと考えられるでしょう。それから、立ちくらみもめまいの一種と考えられるでしょう。これは急速に血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)が変化して、脳への血流が低下したことによるものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ