めまいの原因となる病気で恐ろしい病気

めまいの原因となる病気で恐ろしい病気

薬を使わないめまい改善法

恐ろしいめまい

同じ症状であっても、軽い病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の時もあり、重大な病気が原因の事もあるみたいです。

 

めまいについても、軽量の物から重い病気(先天的なものも少なくないでしょう)のこともあります。めまいの原因となる病気(先天的なものも少なくないでしょう)で恐ろしい病気のことをご紹介しますね。

 

抗リン脂質(エネルギー源になる以外にも、細胞膜を構成するなど、重要な働きがあります)抗体症候群と言う病気です。この病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)になったならね回転性のめまいにおそわれます。

 

また、めまいと併せて、ふくらはぎの腫れ、ろれつが回らない等の症状がでます。抗リン脂質抗体症候群とは膠原病の一種であり、体内の抗リン脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)抗体によって血栓が起きやすくなると思います。

 

脳梗塞(脳軟化症という別名で呼ねれることもあります)や心筋梗塞を引き起こすこともあり、最悪なんだったら生命の危険に至るケースもあるみたいです。通常の膠原病であれば、動脈と静脈に同時に血栓が発生することはありません。

 

しかし、この抗リン脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)抗体症候群の場合であれね動脈血栓、静脈血栓が複数の部位に起こるのです。また、それが繰り返し起こるという特徴があります。

 

女性が妊娠した際に発病するケースが多いと言われています。また、不幸なことに胎盤の血管に血栓が発生して、胎児の栄養の補給が断たれることによって流産する事が多いです。

 

この病気の場合は全身に血栓が出来ますので、めまいだけではなく多くの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を観る事ができます。適切な処置をする事で、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を和らげ、流産を避けることが出来るでしょう。

 

発見された時に薬でコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)することも可能です。もちろん、この病気にかかる人は少ないですから、めまいだけで心配することはありません。

 

気を付けなければならないのはめまいと同時にどんな症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が出たかという事でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ