脳の異常の場合もめまいが起こる?

脳の異常の場合もめまいが起こる?

薬を使わないめまい改善法

めまいの原因の特徴

めまいの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を考えてみたいと思います。めまいが起こる原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)にはいくつかあります。体のバランスを保つ機能が耳の中にあり三半規管と呼ばれていますね。

 

この耳に異常が起こるとめまいとなる場合だってあるのです。この場合のめまいは回転性めまいと呼ばれており、ようするに「目が回った状態」と同じ状況なのです。それから、脳の異常の場合もめまいが起こる事があります。

 

体のバランスを保つためには三半規管からの信号を脳に伝えなければなりません。小脳や脳幹がバランスの処理を行っているのですが、そこに異常があるとめまいとなるのです。この場合のめまいを動揺性めまいと呼んでいます。

 

その他の要因として、血圧以上、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)などのストレスでもめまいが起こるのです。体内の異常によるめまいの他に、外的要因によるめまいがあります。つまり、頭部の外相によってめまいが起こる事もありますね。

 

めまいの原因はこれだけではありません。しかし、それらの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の特徴は明確です。つまり、平衡感覚を司る耳に関した部分が原因となるのです。耳には血液が流れていますし、リンパ腺もありますよ。

 

それらのどれかが異常になる事により、めまいが起こるのです。めまいが起こったからと言って病院に行きもすぐに原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が分かる訳ではないのです。多くの可能性があるためです。

 

めまいの原因を探るために検査をしようとすると、様々な角度からの検査となります。めまいの程度により、重大なものなのかを判断することが重要ですね。しかし、患者本人にもめまいのことを上手く説明できないことがありますので、治療が困難になるためす。


ホーム RSS購読 サイトマップ