三半規管の異常が原因でめまいが生じる?

三半規管の異常が原因でめまいが生じる?

薬を使わないめまい改善法

三半規管とめまいの関係

三半規管は体のバランスを保つために重要な役割を担っています。この三半規管と内耳でバランスを取る機能が働くとされています。三半規管の異常が原因でめまいを生じるケースもあるかもしれませんね。また、めまいと一緒に難聴になってしまうこともあるようです。

 

三半規管の形はいろいろな文献で見る事ができます。半円形のチューブの三つからなる器官です。脊椎動物のほとんどが三つの半規管を持っているんです。このチューブの中をリンパ液が流れます。それにより体の動きや傾きを感じる事が出来るのです。

 

内部の液は体の回転により揺れます。そして、体が止まっても液は揺れ続けているかもしれません。これがめまいの原因になります。一般的に体を回転させると目が回ってしまうというのはこういった仕組みによるものです。

 

しかし、三半規管に異常があると、体が回転していないのに三半規管から脳へ誤った信号を伝えることになります。それが回転性めまいになっているでしょう。車酔いをしやすい人の多くはこの仕組みが過敏に働く事によるものなのです。平衡感覚を養うことは日頃からおこなわれていることが多いでしょう。

 

訓練によって三半規管の働きを高める事ができます。

 

回転性めまいの症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を軽減する目的でも、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を取り入れるケースがあります。

 

後ろ向きに歩いたり、ブランコで揺られたりすることによって、器官の機能を強化することができます。当り前ですが、それらは病院で検査をしてもらってから始めるようにしなければならないでしょう。日ごろからめまいを感じている場合には三半規管以外の異常も考えられるからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ