めまいと貧血について

めまいと貧血について

薬を使わないめまい改善法

めまいと貧血

めまいの一つに立ちくらみがあるんでしょうか?これは一時的に脳が貧血を起こした状態です。急に立ち上がった時や、長時間立っていると立ちくらみになることがあります。

 

日ごろから貧血(脳貧血と貧血は畭なる症状を指しています)体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)の人であれば、立ちくらみは珍しいことではありません。めまいは耳の病気によっては引き起こされるものと、血行障害によって引き起こされるものが大半です。

 

貧血が原因となりめまいを感じるのです。血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)の調整を行うのは自律神経です。したがって、自律神経失調症の人は血圧のコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)がうまく出来ません。

 

一時的な貧血(赤血球やヘモグロビンの量が減り、血液が薄い状態をいいます)になってしまうことがあるのです。貧血が原因で目眩を感じたならば、しゃがんだり、横になったりしておけば、自然とめまいは収まります。

 

一過性の低血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)になります。もちろん、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)の異常ではなくても、めまいを起こすことがあります。

 

体の傾きを感じる器官である三半規管とその周辺の器官がうまく働かないとめまいとなるのです。低血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)によって血液が十分に行き渡らないとめまいになるからです。めまいはそれ自体が病気といった事ではないのです。

 

めまいの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)があって、その症状としてめまいがあるのです。たまに感じる立ちくらみ程度であれば、心配する必要はありませんが、めまいが頻発するようであれば、病院で検査をしてもらうべきだと思います。

 

自分だけで判断やっていると、深刻な疾患の早い段階で発見を見逃してしまったりすることがあるんでしょう。私たちの体はとても巧妙にできています。体内の異常を知らせる手段としてめまいがあるとかんがえて良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ