めまいの薬の効果は?

めまいの薬の効果は?

薬を使わないめまい改善法

めまいの薬

めまいの薬のことに関してお話ししましょう。まず、めまいの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を特定することが大事ですが、原因は多義にわたっており、原因がわからない事も多いようですね。

 

一度だけのめまいならばそんなに心配することはないのでしょう。めまいの薬で抗めまい薬があるようです。これは脳や内耳への血流を増加させることでめまいの改善を図るとなっているんです。効果には神経の興奮を抑えて、めまいや吐き気を鎮めてくれるものです。

 

つまり、めまいの原因として血流の減少が考えられると言うことです。それから、吐き気止めなどを処方を受けることも多いかもしれません。その他の薬としては、浸透圧利尿薬、ビタミン剤、抗ヒスタミン剤、脳代謝改善薬などがあります。

 

どれも体内の調子を整えることによって、結果的にめまいを防ぐというものなのです。めまいはなんらかの病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が原因となって起こる症状です。三半規管や脳幹がかかわっているケースがほとんどです。

 

めまいと同時に耳鳴り(急性感音難聴の症状の一種である場合もあるようです)や吐き気などの症状を訴える人が多いのはそのためと思います。めまいの原因には重大な病気が関与している事もありますねから、あまり眩暈を軽く考えてはいけません。

 

かといって、すべてが重大なわけではありませんからとりあえず病院で検査することが大事です。めまいの薬は一般に売られているわけではなく、病院の処方によるものがほとんどでしょう。

 

めまいが起こった時にどれくらいの感覚であったのかをできるだけ正確に記録しておくことが大事です。また、その強さと頻度によって原因となる病気を絞り込むことができるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ