あご関節症の予防と治療法

あご関節症の予防と治療法

薬を使わない口臭改善法

深刻な症状になる前に治療を実施

顎関節症(症状が酷くなると、食事をすることすらままならなくなり、手術が必要になるでしょう)の予防法や治療法には、様々なものがあります。基本としては、顎関節症を治すには、原因になっている物を取り除く事が必要になります。予防法や治療法は、「原因が何か?」「容態はどんなものか?」によって大幅に変動します。

 

例えば、虫歯治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)で詰めものをする事が多いようですねね。それが要因で噛みあわせが悪くなって、顎に支障が出た場合なら、詰めものを取り替えれば症状が出なくなるかもしれません。

 

顎を変な風に使用する習慣があるなら、それを直せば予防と治療に繋がるはずです。先天的な噛み合わせの問題からくる容態なら、手術治療によっても噛み合わせをよくしたり、薬で痛みを和らげてたりします。

 

このごろでは、マウスピースに似た道具で噛み合わせを調節する治療法もよく行われているようです。他にも、マッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)や超音波、温めて痛みを軽くする治療法もあるものです。また、ステロイドを注射する方法もまれですが存在しているのです。

 

細かく分けると、本当にたくさんの予防法や治療法がありますが、顎関節症も早期発見・早期治療が一番です。顎に不快感がある程度では、病院に行く気にはあまりなれないかもしれませんが、少しでも不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)な気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)があるなら、とにかく専門家に相談してみてください。

 

簡単な注意事項を守るだけで症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が治まる場合も多いため、恐がらずに相談してみるといいですよ。重篤な症状になる前に治療を実施した方が治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)期間も短くてすみます。

顎関節症の種類と症状

顎関節症の容態には、顎の痛みや顎の開けづらさ、噛み合わせの違和感などがあります。顎を開ける度に、変な音がするというケースもあるそうです。口をちゃんと閉じられなくなる事もありますね。

 

顎関節症は、首や肩の凝り、頭痛、腰痛、難聴、めまい、呼吸困難、しびれ等、体全体の不調にもつながる深刻な病気です。顎関節症には、大幅に分けると四種類あり(筋肉の障害が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)のT型、関節包み・靱帯が原因のU型、関節円板が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)のV型、変形性関節症が原因のW型)、その種類によって現れる症状も違います。

 

しかし、複数の種類の顎関節症が同時に起こることも少なくないので、顎関節症かなと思ったのなら、早目に医師の診断を受けた方がいいですね。顎関節症(症状が酷くなると、食事をすることすらままならなくなり、手術が必要になるでしょう)による容態だと思っていたのに、実をいうとほかの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)や怪我が原因であったいう事もあります。

 

顎関節症は、クラウン等が劣化したり、歯科での治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)自体に問題があったりする時に起こる内在的外傷や異常咬合などの外来性外傷、ストレスによる咀嚼筋の異常緊張、歯ぎしりや歯の食いしばり、片方だけに偏って噛む、頬杖をつくといった悪習慣など、いろんな要因が重なり合って発症する事が多いと考えられています。

 

ただ、生まれつきの骨格などが原因の事もありますし、人によって顎関節症になりやすい、なりにくいと言った個人差もあると思います。顎関節症(症状が酷くなると、食事をすることすらままならなくなり、手術が必要になるでしょう)の症状が軽い時には、整体などで体の歪みを整えたり、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)をできるだけ為ないようにしたり、均等になるように噛むなど、自分でできる対策もたくさんあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ