口臭とドライマウスの関係

口臭とドライマウスの関係

薬を使わない口臭改善法

虫歯や歯周病になりやすい

口の中が乾く、ネバネバする、舌がヒリヒリする、唾液が出づらくなる、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)が飲み込みにくくなる、舌がもつれて話しづらくなる、口のにおいが気になる、食べ物の味がよくわからない、急に虫歯が増えたなどの症状がある人は、「ドライマウス」となるのです。

 

ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾いてしまう症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の事です。以前は、高齢の女性がドライマウスの患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)の9割を占めていました。でも、このごろは、数多くの若い人がドライマウスによる口の臭いで悩んでいるものです。先ほど挙げたようなドライマウスの症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)がある人は、ドライマウス専門外来で診て貰う事がお勧めです。

 

ドライマウスの要因としては、加齢、ストレス、薬の副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)などがあるでしょう。それ以外にも、内科的な病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が隠れている時もあるので、専門的な外来で検査を受ける事が不可欠なのです。

 

ドライマウスの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は、とにかく口の中を潤して、症状を軽減させる方法が中心かもしれません。ドライマウス専用の保湿剤や洗口液、歯磨き粉等のケア用品を口の臭いの状況に合わせて使用することも重要です。日常生活では、良く噛んで食事をするようにしたり、可能な限りストレスを除去する事で、唾液の分泌を促せるようになるでしょう。

 

ドライマウスの人は、虫歯や歯周病になりやすく、それがさらに、口臭の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)になってしまうので、歯のケアにも気を付けて下さい。歯磨きをしっかり行う事は当然として、定期的に歯科に行き、歯石を落としてもらったり、虫歯や歯周病(初期段階では歯肉炎になり、さらに進行すると、歯周炎になって、もっと悪化すると、歯槽膿漏になることもあります)のチェックをすると口臭予防にも繋がります。

舌の病気の種類と症状

舌は口内にありますから、わずかでも普段と異なる事があると、非常に違和感を感じやすい場所だと思います。舌の病気の容態としてよくみられるのは、「痺れる」「マヒしている」「変な色になっている」「腫れている」「できものができている」「痛みがある」等です。

 

舌の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)としては、舌炎、口腔カンジダ、舌苔(とりすぎてしまうのもよくないといわれています)などがとくに多いですよね。他にも、味覚障害、舌癒着症、舌小帯短縮症、舌痛症、溝状舌、黒毛舌、地図状舌、白板症、血腫などなど、あげるときりがないほどに、本当に多くの種類があります。

 

症状によっては、放置していても独りでにに治る事もありますが、悪化したり、ガン等の深刻な病気になってしまう事もあるでしょう。とくにでき物などは、軽視せず、すぐに病院に行って検査してみてください。ガン等の時、早いうちから発見する事が何より重要になります。問題がなければそれで安心できますし、多少の手間は決してムダにはならないはずです。

 

発見が早ければ、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)も手軽に済む事が少なくないのです。ただの口内炎だと思っていたらガンであったという人も多かれ少なかれ存在します。口内炎などの症状が一週間以上たっても一向に改善しない時は、検査を受けた方がいいでしょう。

 

また、口腔環境を不潔にしている事で起こる舌の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)も多いですから、なるべく歯や舌は清潔を保つように心がけると予防につながるだといわれています。しかし、磨きすぎ、こすりすぎは逆効果になりかねないので、やりすぎにも気をつけるようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ