口臭とストレスの関係

口臭とストレスの関係

薬を使わない口臭改善法

こまめに水分補給するのも良い方法

ストレスによっても口のにおいは発生するのですが、その原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)には色々なものがあるんでしょうか?

 

過剰な緊張によるストレス口臭も、生理的な口のにおいの原因の一つです。これは、精神的な(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)を受けることによって、唾液の分泌の量が減って、口の中の細菌が増加してしまって起こる口臭です。ストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)によって口が渇いてしまう事で、口臭が発生しやすくなってしまうようですね。

 

その上、病的な胃腸障害も口のにおいの原因として考えられるのではないでしょうかから、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)で胃腸の機能低下を起こしたり、精神的なバランスが崩れて消化の妨げとなると、体内の異常から口臭が発生してしまう事があります。

 

他にも、自律神経失調症の人もストレスによる口臭がある場合が多いようです。また、身体のバランスを崩してしまい、それが(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)となって口の臭いが発生する事も多いと思います。

 

以上のように、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)で心や体のバランスが崩れてしまう事でも口臭は発生しますし、ストレスでほかの病気になってしまう事で口臭を発生させてしまう事もあるので、悪循環にならないように気を付ける事が重要です。口臭が気になったら、なるべくストレスを為ないように、気分をリフレッシュする方法をいくつか準備しておくといいでしょう。

 

ストレスや緊張で口が渇きがちなら、こまめに水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)補給するのも良い方法です。実際は、口臭が発生していないのに、ストレスのせいで自臭症になる事もあります。口臭がしないかどうか気になるのであれね、身近な人に口臭を嗅いでもらうか、口臭外来を受診してみてください。

口唇炎の種類と症状

口唇炎の種類としては、アトピー性の口唇炎と接触性の口唇炎が大半です。アトピー性の口唇炎と接触性の口唇炎以外の口唇炎は、1パーセント程度といわれています。

 

口唇炎の容態は、進行の程度によってかなり変化するものですが、代表的な容態としては、口唇周りがかさつく、皮がめくれて荒れてくる、唇が切れる等がみられます。アトピー性口唇炎は、ほかの部分には全くアトピー症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)がない方にもよく起こるのようです。

 

唇周りだけにアトピー症状が出るので、病院で診断を受けないと、アトピー症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)だと気がつかない事も少なくないでしょう。アトピー性の口唇炎でも、痒みがでる場合は稀だと言えると思います。勿論、なかには痒みのでる方もいますし、とくに乾燥しやすい冬場などは、容態が悪化しやすい傾向がみられます。

 

口唇炎が口のまわりに広がると、口角炎となってしまったケースもあるかもしれませんね。口唇炎は、症状がみられる部位に色素の沈着が起こる事も少なくないです。症状の度合いが重度になれば、周りの人がみていられないほど痛々しい状況になります。

 

逆に、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が軽度なら、「口のまわりが乾燥しやすい」くらいですむ場合もあるのです。基本としては乾燥が一番の大敵なので、口唇部の保湿が重要といえるでしょう。アレルギーが原因で起こるものもあるので、とにかく、気になる症状がある時は皮膚科を受診してみてください。

 

市販のリップクリーム等で余計に症状を悪化させてしまう事も多少なりともあるため、自己療法はできれば回避する方が賢明だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ