乳児なのに口臭がする

乳児なのに口臭がする

薬を使わない口臭改善法

乳児から使用できる歯ブラシを使用してみる

乳児でも口臭がある時があります。歯が生えていない時期ならば、口の中の舌苔・舌の色・口の臭い・唾液のネバネバの状況で判断しましょうね。

 

歯が生えてきている乳児ならば、虫歯がないかどうかちゃんとしらべてみて下さい。虫歯がなかったとしても、歯垢が残っていたりすると、食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)のカスと臭いが混ざって、口臭が出てくるのです。歯垢も虫歯もない状況でも口の臭いが気になる時は、口の中の細菌が繁殖して唾液で退治する事ができなくなっていてカビ(食中毒やアレルギーの原因になってしまうこともあるでしょう)が生えてしまっていることが考えられます。

 

また、畜膿になっていて口臭がある時ってあると思います。もし、何日も口臭が続いている時は、小児科で診てもらった方がいいはずです。口の臭いが一時で消えてしまったりする時は、食べ物からの臭いが数日間残っている場合が考えられます。

 

乳児は自分では歯磨きが出来ないので、親がきちんと歯磨きをしてあげないと口の中がキレイに保てないでしょう。また、乳児は口がまだ小さいので、奥の方まで磨くのが難しいですし、歯磨きの最中に子供が動いてしまって磨ききれない事もあります。口臭を防ぐには、まずは歯垢が残らないようにしっかりと歯磨き(歯ブラシにも色々な種類のものがあります)をするようにした方がいいです。

 

乳児の舌は非常に敏感だから、ガーゼで軽く拭きとるようにすると良いかもしれませんね。きつくやりすぎると、神経が敏感になったり、唾液の分量がうまく調節できなくなったりする場合がありますので、注意しなけれねいけませんね。子どもの成長に合わせて、乳児から使用できる歯ブラシを使用してみるのもいいかもしれません。

口唇炎の予防と治療法

口唇炎の予防法や治療法は、容態の程度と種類によって変化します。口唇炎の治療方法として、ほとんどの場合に共通している事は、ステロイドを使用した治療を行わなけれねいう点です。

 

大体の場合は、その口唇炎の原因をつきとめ、予防と治癒に努めます。幾つか代表的な方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を案内してみて下さい。

 

一つ目は、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の補給です。ビタミン不足は、口唇炎に悪影響を及ぼすのです。フルーツ等での摂取が一番望ましいですが、難しい場合はビタミン剤などで補いるかもしれません。
2つめは、紫外線のカットです。紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)も口唇炎にはそれほどよくないので、紫外線を遮断出来る成分が配合されたリップクリーム等を使っていきます。帽子や日傘(色々なデザインがありますが、大きめで黒のものが特にいいようです)などを用いて紫外線カットをしていくともっといいかもしれません。

 

三つ目は、保湿と炎症を抑える事です。軟膏などで、炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)を抑えてたり、保湿に努めたりします。 痛み等を抑える薬を投与することがあります。

 

こ以外にも、原因によって色々な方法が用いられます。アレルギー性の口唇炎であれば、血液検査などでアレルギーの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)をつきとめ、その原因の除去を徹底していって下さい。後は清潔を心掛け、刺激を与えないようにすることにより、悪化と発症を予防します。

 

口唇炎ができてしまった場合、その原因をつきとめ、除去する為には、専門の方による検査が一番確実です。殆どの場合は検査と言って簡単なものですから、なかなか唇の荒れが改善しないような時は、早急に病院へ相談に行ってみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ