口臭と内臓との関係

口臭と内臓との関係

薬を使わない口臭改善法

口の中の原因が一番多いのですが・・・

「胃が悪いと口がくさくなる」と良く言われていますが、それって本当なんでしょうか?

 

胃炎や胃潰瘍、十二指腸などの病気になったら、食べた物が消化不良(不良が使う不良用語の中には、一般的に使われるようになったものも少なくないでしょう)を起こし、胃の中で異常発酵します。その結果、発酵したニオイが体内から発生し、口臭となって出てくる事があります。

 

また、腸の機能の低下や腸内に病気があると、腸内の細菌バランスが崩れて悪玉菌が増殖し、ニオイが発生します。肝臓の機能が正常であれば、ニオイ物質が分解されて臭いは発生しませんが、肝炎等で肝臓の機能が低下してくると分解しきれないニオイ物質が血液を通り、口臭となる時もあります。

 

重度の糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)でも、口の臭いが強くなると言われています。理由の1つとして、口の中の唾液が不足して、口の中の細菌が増加してしまう為んですね。糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)の方は歯周病になりやすい傾向にあると言うのも、こういった理由からとなります。

 

また、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)を発病すると、体内に「ケトン体」というものが出来ます。このケトン体が呼気中に排泄される事で、糖尿病独特の甘酸っぱい独特の口臭を発するだと言えます。

 

口臭の原因は、口の中の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が一番多いのですが、このように内臓の疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)が要因で発生する口臭もあるのです。口臭が気になっている場合には、まず口の内部に原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)がないかを調べ、次に内臓の疾患を疑ってみてくださいね。もし、何か原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)があったならば、治療をする事で口の臭いが気にならなくなる場合があります。

唾石症の種類と症状

唾石症(だせきしょう)は、唾液を口腔内に出す役目の排出管の中に、腎臓結石や尿路結石っぽい石が出来てしまうと言う病気です。

 

初期には自覚症状がほとんどないと言われており、違和感や痛みもそれほど感じられないなんですよが、ほかの部位の結石と同様、唾石症の石も長い年月の間にだんだん成長して大きくなっていきます。

 

大きくなっていくと、勿論、口の中でも違和感を感じるようになったり、唾液が出にくくなる為、唾液管が詰まって腫れてきたり、痛みを伴ったりするようになってきます。

 

また、症状が悪化すると、膿が出てくることもあります。口の中に唾液を届ける管のどの部分に可能なかによっても症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)には違いがあるのですが、時によっては、初期の段階から痛みを伴ったり腫れたりする事もあるようです。

 

その上、進行すると、唾液腺炎等ほかの病気(先天的なものも少なくないでしょう)に発展する事もあるので、違和感や痛みを感じたら即座に医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の診断をうけるようにしましょう。

 

発症する部位としては、おもに顎下線・耳下線・舌下線・小唾液線等の唾液腺ですが、圧倒的に顎下線で発症してしまう場合が少なくないので、腫れてくるとはっきりと左右の違いが分かるようになって来るでしょう。

 

耳下線で起こった時には、食事のたびに腫れたり引いたりを繰り返すようになるでしょう。これら全部の唾液腺が一本にまとまったところで症状が起きると、結石が小さい時から痛みを伴うなんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ