口臭とインプラントとの関係

口臭とインプラントとの関係

薬を使わない口臭改善法

歯周病を患っている人がインプラント治療をした時

インプラントの治療は、現時点で急速に普及しているのですが、インプラントをすると口のにおいが残ると不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)に思われている人がいるようです。本当にインプラントをすると口臭が残るのでしょうか?回答はイエスであり、ノーでもあるんです。

 

すなわち、歯周病を患っている人がインプラント治療をした時は口臭が残りやすく、歯周病(初期段階では歯肉炎になり、さらに進行すると、歯周炎になって、もっと悪化すると、歯槽膿漏になることもあります)ではない人の時は他に口のにおいの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がない限り、口のにおいが残ることはありません。
歯周病(歯垢が主な原因になるため、プラークコントロールが大切だとよくいわれていますね)の人は口臭で悩む事が多いと思います。しかし、インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けたからと言って、口臭がなくなるわけではありませんね。なぜなら、歯周病であった人は、「インプラント周囲炎」になってしまう可能性が高いからです。インプラントが歯周病と同じ容態になるのが、インプラント周囲炎です。

 

歯周病も気が付きにくい疾患なのですが、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト周囲炎はもっと気が付きにくい為、放置してしまいがちです。インプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)トの治療をして、その後、歯磨き(近年では電動歯ブラシを使う人も少なくありません)が十分にできなければ、細菌が歯肉とインプラントの境目から内部に侵入していくので、口臭が残りやすくなります。

 

すごく進んでいる歯周病の人でも適切な歯周病(定期的に歯科医院で歯垢を取るというのも予防には有効でしょう)の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)や定期検査を行えば、インプラン(計画や案のことをいいます)トはできますが、リスクは高いでしょう。元々、自分の歯が歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)になったという事は、歯磨き等のケアが充分に行えてなかったという事です。インプラントにしても、口腔のケアをしなけれねいけない事に変わりはありません。

 

しかし、インプラン(計画や案のことをいいます)ト治療の後、しっかりとメンテナンスの方法を学び、継続して実施していけば、歯周病(歯垢が主な原因になるため、プラークコントロールが大切だとよくいわれていますね)であった人でも口臭が残らないですむでしょう。

唾石症の予防と治療法

唾石症のはっきりした原因は理解していないと言われているのです。一般的には唾液腺に入り込んだ細菌感染が原因ではないかと言われているのですが、本当の原因として分かっていありません。

 

ですから、予防と表現しても「石が溜まらないようにする」くらいしかないんですよ。そのためには、日頃から唾液の分泌を盛んにして、流出しやすくしておくと有効なだと言えますね。

 

具体的には、アルカリ性食品でもあり、唾液の分泌を促す事の出来る梅干を毎食一粒ずつ食べるのが、それ以外の健康面からも有効です。

 

また、食事のときには良く噛んで食べる事が重要です。噛む事で、唾液の分泌を促しますから消化も良くなります。

 

ちなみに、唾石症にはコンニャクの摂取は意味がありませんし、水分摂取による排尿促進も意味がないのです。

 

ジャンプ運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)等もそれほど効果がないといわれています。だから、身体のほかの部位に出来る結石の予防方法はほとんど通用しないのですし、自力で排出というのも無理だと考えておく方が有効なといわれているのです。

 

ごく稀に自然に排出もなくはないようですが、基本的には手術治療で取り除く事になります。唾石が出来た箇所によって、口腔内の簡易的な切開で取り除く事が可能時もありますが、複数の結石が出来ていたり、複数の箇所で出来ていたりした時には大掛かりな手術治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)になる事もあるでしょう。

 

もし、唾液腺炎等の合併症が起きている時には、そちらの治療も平行して行う事になりますから、ご自身の症状の程度と治療法については、よく担当のドクターと相談するようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ