口臭と歯周病・歯槽膿漏との関係

口臭と歯周病・歯槽膿漏との関係

薬を使わない口臭改善法

日常からの歯磨きで予防する事が重要

口臭の原因として想定されるのは、第一に口の中の問題があります。歯周病や歯槽膿漏が炎症をおこしている時、大きなムシ歯がある時等に口臭は起こります。

 

口臭の原因となる物質には、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドと言う3種の硫黄化合物があり、これらは口の中の種々な細菌の代謝産物として口の内部に存在しています。この口臭の原因になる硫黄化合物を生み出す細菌は、ほとんどが嫌気(けんき)性菌と通性嫌気性菌で、歯周ポケットやムシ歯の穴の中、厚い舌苔の中に潜んでいます。歯周病(定期的に歯科医院で歯垢を取るというのも予防には有効でしょう)、歯槽膿漏の原因となる細菌は嫌気性菌です。

 

ですので、歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)、歯槽膿漏の人は口が臭いと言われてしまうはずです。

 

ちなみに、歯周病は歯のまわりが炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こしたりする病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)で、歯肉炎、歯周炎に分ける事が出来ます。

 

歯肉炎は、歯肉(歯ぐき)の部分が炎症を起こしている状況です。

 

歯周炎は、歯の基礎部分である歯槽骨等が侵されていきます。歯周炎の時、歯自体が大丈夫でも歯を支えている部分が弱っていき、歯を失う危険性が非常に高くなります。

 

中でも、炎症が進んで歯を支えている場所から膿が出ているものを歯槽膿漏と呼び、この歯槽膿漏による膿が口臭の原因にもになっているのです。

 

歯周病、歯槽膿漏は歯磨き(歯ブラシにも色々な種類のものがあります)により予防が出来ます。歯周病や歯槽膿漏(歯周病が進行した場合の症状の一種をいいますが、歯周病と区別せずに使われることも多いようです)による口臭で悩まないようにするためにも、日常からの歯磨きで予防することが重要といえるでしょう。

口角炎の種類と症状

口角炎は、おもに細菌感染によって起こる病気です。その症状というのは、口角(上唇と下唇の付け根)が炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こし、白くなったり、赤く腫れたり、プックラと膨らんだり、さらに病状が進むとアカギレのように切れてしまい、パックリと開いてしまうことさえあります。

 

唇は食べる時に限った事ではなく、会話をする時にもいつも動かす場所ですから、口角が切れてしまうと、中々治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が困難で、時間が掛かってしまいます。

 

勿論、切れてしまえば傷口ですので、口を開くたびに痛むのは言うまでもありません。切れてなくても、触れると痛みますから、口を開くだけでも痛いのは同じです。

 

かと言って、切れてしまうと治療に時間が掛かってしまいますから、ちょっとでも早いうちに治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を始めることがオススメです。

 

なにもしないでもおのずとと治ることもあるらしいですが、体力が低下していたり、疲れが溜まった状況では悪化していく一方です。

 

口角炎は、比較的子どもに多くみられるブドウ球菌・連鎖球菌による口角炎と、高齢者に少なくないカンジタ菌(真菌)による口角炎とがありますが、カンジタ感染による口角炎では偽膜性カンジタ症と肥厚性カンジタ症の2種類に分かれます。

 

一般的に、体力の低い子どもや高齢者が発症する事が多く、子どもでは男子の発症が少なくないと思いますが、中高年の発症では女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)にたくさん見られるのが特徴です。口角炎は慢性化しやすい病気でもありますから、ちょっとでも早く治療を始めましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ