精神的な緊張やストレスが吃音症の原因?

精神的な緊張やストレスが吃音症の原因?

薬を使わない吃音改善法

吃音症の問題

子どもの時から吃音症は始まります。精神的な緊張やストレスが吃音症の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)と考えられていた時期ってありますよねが、現代でもはっきりした原因は分かっていません。

 

子供のいろいろな問題行動のひとつとして吃音症が挙げられています。子供がしゃべりを覚えるのは歩くことに似た感じの経過です。つまり、誰にも教わらないのにできるようになるだと言えるのです。そのペースは個人差がありますが、誰でもがいつの間にかできるようになるだと言えるのではないでしょうか?

 

小さい時からスムーズにしゃべれるようになる子供と、吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)となってしまう子がいらっしゃるのです。しかし、吃音症になったとしても、温かい目で見てやる事が出来れば、自然と吃音症は消えていくになるかもしれません。

 

言葉を話すことが上手く出来ないのは身体的な異常があるからではありません。しゃべると言う行為は人間にとって非常に高度な動きです。吃音でなくても、緊張している時は上手くしゃべれないでしょうよね。子供の時からそのような経験をしていたら、脳が上手くしゃべらせてくれないのです。

 

一般的な吃音症(あの田中角栄さんも吃音症を克服したんだそうです)は幼少から始まり、4歳ごろが一番ピークだと言います。そして、10代になると99%の子供が吃音症を改善しているのです。慢性的な吃音症になっている子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)の場合は、その症状が小学校ぐらいでもはっきり見られます。

 

そして、大きくなっても状況が変わらありません。もちろん、そのような子供はごくわずかです。吃音症は指摘されることによって、症状が悪化します。緊張のために上手にしゃべれなくなるからです。子供の時の家庭環境の影響を指摘する人もいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ