吃音症は病院に行っても治療するのは期待出来ない

吃音症は病院に行っても治療するのは期待出来ない

薬を使わない吃音改善法

吃音症と病院

吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)で悩んでしまう人はどこの病院に行けばいいのでしょうか?診療科をどこにするかでちょっと迷いますよね。心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)かなとも思いますが、喉の異常などを考えれば耳鼻咽喉科だと言われているのです。

 

吃音症は緊張することにより、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)がひどくなるため、精神的な面が大きく影響していることは間違いません。しかし、吃音の原因は現代でもはっきりしているわけではありません。

 

病院に行っても吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)を治すための、具体的な方策が明確に示されることはあまりないのです。つまり、病院に行っても治療するのは期待出来ない為にす。

 

インターネットなどで検索してみたら、吃音を治すためのサイトが多数存在します。しかし、それらは病院ではないんです。いろいろなトレーニングをすることによって吃音症が改善されるといった宣伝ばかりです。もちろん、吃音を専門的に扱っている病院がないわけではありません。

 

しかし、貴方の近くの病院にそのような対応を期待しても無理なのです。如何しても吃音症を治したいと思うのであれば、始めに電話で問い合わせてみることをお勧めします。吃音症は自分が気にしなければ、それ程症状は現れません。

 

ストレスや緊張が脳からの指令をうまく伝えられずにしゃべる事が出来てなくなるのかもしれません。吃音症を治すと言うことではなく、緊張しないようなトレーニングをするといいかもしれませんね。子供の時の吃音症は自然と治っていくだと言われています。しかし、幼いころに周りから指摘されて、本人が気にするようになった場合には簡単には治らないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ