幼児の吃音は矯正する必要は無いでしょう

幼児の吃音は矯正する必要は無いでしょう

薬を使わない吃音改善法

幼児と吃音症

言葉を話す機能が十分に発達していない幼児の場合は吃音の症状があらわれる子どもが多いですね。大きくなるにしたがって自然と治っていきます。治らなかった人が大人になっても、吃音症のままなのです。幼児の吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)は全体の五パーセント程度と言われています。

 

原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)そのものははっきりしていないでしょう。自分の子供が吃音であったとしても、それを気にしないことです。大人が気にしていると、それを感じた子供が敏感になり症状が悪化してしまうのです。

 

子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)はしゃべることを楽しみいます。話したくてたまらないのです。あせってしまって、どもってしまうはずです。言い間違えたりもしますね。幼児の吃音は矯正する必要は無いでしょう。

 

子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)にのんびりしゃべらせる事によって、ご自身の言いたいことを伝えることができるようになります。親があせってしまわないということなんですね。子供のしゃべり方はゆっくりなのです。

 

会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)をする時には子供のペースに合わせることが大事です。子どもがしゃべり終わらないうちに、親が早口でしゃべってしまうと、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)はもっと焦ってしまいます。

 

気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)にゆとりがなくなるでしょう。吃音症の原因として、精神的なストレスがあるでしょう。しゃべろうとすると脳がストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)を感じてしまいますよね。

 

子供時のしゃべり方はすごく重要です。吃音が家庭環境にあるという名前ののはこういった理由からです。しかし、兄弟であっても吃音になる子供とそうではない子どもがいますから、明確な因果関係はわかりません。それでも親の影響は大きいと理解しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ