それが吃音症を悪化させてしまう

それが吃音症を悪化させてしまう

薬を使わない吃音改善法

吃音症の矯正

子どもの吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)を無理して矯正することはあまり良い結果を得ることにはならないのです。矯正しようとすることによって緊張が生まれますから、それが吃音症を悪化させてしまうからです。

 

吃音症はポピュラーな症状です。有名人でもたくさんの人が吃音症なのです。それでも仕事をこなしているのですから、気にする必要はないのかもしれないのです。親が必要よりも気にすることにより子どもの吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)はひどくなるともいわれています。

 

大人になってからの吃音症の矯正は問題ありません。悩んでいるだけよりも何らかの改善を試みる方がよいからです。一人で悩むのは精神的にもよくありませんよね。吃音症の矯正の方法は明確なものは無いでしょう。トレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)によって吃音症を治すことはできると考えられています。

 

どのような方法なのでしょうか?口を動かす事や呼吸法(深呼吸すると精神状態が落ち着くというのは、よく知られていますよね)を学ぶ事により、吃音症を改善することができると言われているのです。吃音症を気にし始めると、なかなか治らないような気がします。

 

育った環境や置かれている状況によっては吃音症は発生した場合考えられるからです。気にすれば気にするほど吃音症が治らなくなるのです。治療を行うのではなく、忘れてしまうことが一番良いんです。しかし、吃音症の正確な原因はわかっていません。

 

そのために多くの誤解が生まれているのです。ストレスによっては吃音症になったのであれね言う人もいるでしょう。まずは正確な情報を入手しましょう。それから矯正すべきかどうかを判断すればいいのです。悩む必要はありませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ