心療内科で緊張をほぐす事により吃音症が解消

心療内科で緊張をほぐす事により吃音症が解消

薬を使わない吃音改善法

吃音症と心療内科

吃音症(あの田中角栄さんも吃音症を克服したんだそうです)の研究はずっと昔からおこなわれてきました。何とかして吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)を治そうと苦労してきた人が数多くいます。

 

しかし、残念ながらはっきりした効果は得られていません。断片的にわかっていることはありますが、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の面ではほとんど役に立ちません。

 

心療内科(ストレスなどの心が原因だと考えられる肉体的・精神的な症状を診察し、治療します)とは心の疾患について具体的な治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をすることによりころです。

 

そこでは吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)はどのように扱われているのでしょうか?吃音症によって生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)に支障をきたしている人はいますが、そうではない人もいます。

 

つまり、吃音症をそれほど気にしていなければ、対人恐怖症になる事もありません。吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)自体が悪いのではなく、その事を気にしてしまうことが悪いのです。

 

多くの人は流暢にしゃべりたいのようです。相手に自分のメッセージを伝えたいと思うのです。仕事の内容によりどもることが障害となりかねません。そういった人の悩みは深刻になるのです。心療内科で緊張をほぐす事により吃音症が解消する人もいます。

 

このことから、吃音症は遺伝や身体の異常ではないことが分かるのです。その方が育ってきた環境やおかれている状況に依存しているのです。一度吃音になったら、治すことは容易ではないのです。気にすることによって症状が悪化してしまうからです。

 

やるべきことは気にしないことです。吃音症でも誰も困らないのです。気楽に話すことができれば、吃音症など怖くありませんよね。本当でお悩みののであれば、一度心療内科を受診してみるのもいいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ