吃音症の分類は明確なものがある訳ではない

吃音症の分類は明確なものがある訳ではない

薬を使わない吃音改善法

吃音症の種類

吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)には種類(それぞれに違いがあるものです)があるそうです。話し方によって分類することができます。

 

連続型の吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)は言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)の最初が何度も重複しているケースです。「あ、あ、あ、ありがとう」という感じです。

 

それから伸発型の吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)では音が伸びる症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)です。「あーーーりがとう」ですね。

 

また、難発型は出だしが出てこないケースです。

 

いずれの場合も緊張することによってひどくなっていきます。これらの吃音症の分類は明確なものがある訳ではないのです。また、分類することによって治療法が変わるわけでもありません。あなたの吃音症がどういったタイプなのかを知っている必要はないと言うことです。

 

多くの人は吃音症によって緊張すると言われています。つまり、緊張が先では無くて吃音が先に発生するのです。吃音を抑えることができれば、緊張することもません。人前で話すときの緊張は吃音の時の緊張とは異なるものであるという考え方もあってます。

 

しかし、あがり症の改善と吃音症の改善は同じ方法が取られます。つまり、吃音症のことが厳密には分かっていないことが原因で改善方法がちぐはぐになっているケースが見られるためす。

 

吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)を改善したいと考えているのであれば、自分でどのような方法を取れるか考えてみて下さい。

 

ウェブにはいろいろな方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)が掲載されていますが、それが自分に合っているかはわからないのです。

 

効果だけを期待してもダメです。ご自身の心の持ちようが大事です。気を楽にして話す事ができれば吃音症は治るのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ