吃音症の為の薬はうつ病の薬と同じものが使われます

吃音症の為の薬はうつ病の薬と同じものが使われます

薬を使わない吃音改善法

吃音症治療を考える

吃音症の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)として、薬を使ったものがあるんです。しかし、吃音症は脳の病気ではなく、訓練(練習次第で、できなかったことでもできるようになるのが人間のすごいところだと思います)によって改善する事が出来ると言われています。

 

吃音症の為の薬はうつ病の薬と同じものが使われます。脳内のホルモンの状態を変えることによって、緊張感を抑える働きがあるのです。つまり、薬は根本的な解決にはならないのです。吃音症は緊張することによって症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が悪化します。

 

吃音症の原因は特定されていませんが、子供の時のしつけなどが影響しているともいわれています。精神的なものと考えられるのです。治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に当っては、明確な方針があるわけではありません。

 

つまり、こういった治療をすれば確実に効果があると言えるものがないのです。一般的な治療としては、話し方の訓練です。緊張しないためにもする訓練でもあるんです。吃音症の人は口の動かし方がぎこちない訳ではなく、緊張のために普段の動かし方が可能でなくなっているのです。

 

話す訓練(意思が強けれね、自分で自分を鍛え直すこともできますが、大抵の人には難しいものですよね)をすることによって緊張感が解けることを狙っています。多くの人は人前で話すときに緊張してしまいますが、吃音になる事はないでしょう。

 

一度吃音になってしまうと、それから立ち直ることが難しいのでしょう。治療と言うよりもカウンセリングの人がイメージとしてはただしいんですね。悩みを打ち明ける事によって、改善していくこともあるのです。

 

精神的なものが大きく影響しています。ご自身の力を発揮できない状況と同じですね。イメージトレーニングによって、緊張せずに話すことができるようになります。つまり、吃音症は治るのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ