吃音症は言語障害なのでしょうか?

吃音症は言語障害なのでしょうか?

薬を使わない吃音改善法

吃音症と言語障害

言語障害とは言葉が上手に出てこないことや、言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)を理解できないケースがあります。明らかに脳の障害と考えられるのです。それでは吃音症は言語障害(音声機能の障害の中には、吃音症や痙攣性発声障害などがあります)なのでしょうか?

 

そうではありません。緊張のために吃音症がひどくなることはよく見られることです。吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)は障害ではなく、脳が極度に緊張しているからだと考えられているのです。

 

では、心療内科(ストレスなどの心が原因だと考えられる肉体的・精神的な症状を診察し、治療します)で吃音症の改善をする事ができるはずですか?実は出来ないのです。

 

もちろん、吃音症の研究はされていますが、治療法が確立されているわけではありませんし、原因が特定可能なわけでもないのです。あなたは吃音症のことをどれくらい知っているでしょうか?

 

どもりと言う現象は知っていても、それがどの程度のメカニズム(例えね、ストレス太りやリバウンドが起こるメカニズムを知ることで、予防することも可能になるでしょう)なのか知っていますか?人の心に関する医学はずいぶんと進歩しました。

 

緊張した時やストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を感じている時の体の変化がどうなっているかも研究されています。しかし、肝心なところはわからないためす。

 

多くの人が吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)で悩んでいると言う現実があります。インターネット(使いこなせるようになるまでには、それなりの勉強が必要になります)では吃音症の改善についてのブログなどがたくさんあります。

 

これをやれば吃音症)が克服できると書かれています。本当にそうなのでしょう。悩んでいるだけで何もしないよりもそのような方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)を試してみる価値はあるでしょう。

 

何もしなければ改善はないからです。本当に言語障害であれば、吃音症みたいなわかりやすい症状ではありません。もっと深刻な事態になっているはずです。あなたは病気ではありません。ちょっとだけ、デリケートな性格なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ