吃音症とストレスとの関係は?

吃音症とストレスとの関係は?

薬を使わない吃音改善法

吃音症とストレス

子供の時に強いストレスを感じていた人は吃音症になってしまいがちなと言われています。それが本当の事がどうかわかりません。WEBなどで吃音症のことが書かれていることでしょうが、それらの裏付けがどこにもないからです。

 

もちろん、大学での研究として吃音症が調べられていることはあるようです。しかし、それほど多くの情報はないのです。あなたが吃音症であり、それを治したいと考えているのであれば、ウェブの情報に頼らない方がいいかもしれません。

 

吃音症とストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)に関しても、関係があるになりますね。しかし、最近の傾向として原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)不明の症状としてはすべてストレスが原因であると言う内容が多くなっています。

 

確かにストレスによっては体の内部が変化します。脳のホルモン状態も変わることが医学的に証明されているのです。それらがいろいろなところに影響を与えることは想像できることもあります。しかし、どのようなストレスを与えると影響するのかが分かりませんからす。

 

ストレスとは個人によって考え方が異なります。つまり、影響度合いも変わるのです。人前に出ることでストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を感じる人と感じない人がいます。

 

吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)も同じことです。緊張することで吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)になる人とならない人がいらっしゃるのです。

 

あなたは吃音症ですか?それを克服したいと考えていますか?それならばまずは正確な情報を入手するようにしましょう。不確かな情報で改善を試みても逆効果になってしまうこともあるのです。特に吃音症は自覚してしまうと症状が悪化する為す。


ホーム RSS購読 サイトマップ