吃音症は大きく分けると3つに分類される

吃音症は大きく分けると3つに分類される

薬を使わない吃音改善法

吃音症の特徴

吃音症の特徴としてはどういうことでしょうか?どもりと言って漠然としていますよね。吃音症は大きく分けると3つに分類(素人には全く意味がわからないことも少なくないでしょう)されるのだそうです。

 

一つは連声型です。
最初の音を連続して言ってしまうものです。「あ、あ、あ、ありがとう」と言った感じです。

 

それから、伸発型です。
音を伸ばして発音します。「あーーーーりがとう」ですね。

 

そして、無音型では、音が続かないケースです。
「あ・・・」と聞こえます。

 

これらの分類はいつも同じというわけではありません。その際々によって変わる人もいるのです。最初のうちは本人も気付かないうちに吃音になっていることがあります。それから、自覚することをなり、伸発が多くなるのだそうです。

 

それから、更に自覚が強くなってくると吃音の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)もひどくなります。あまりにも気にしすぎてしまうと、話すことが非常に苦痛になってくるのです。

 

人付き合いさえしなくなってしまうのです。吃音がこういった段階になると非常に問題です。吃音そのものよりも、それを気にする事による日常生活への影響が大きいいのです。そうなる前に吃音の症状を改善することは本人にとって大事なことです。

 

上手く話せないとしても、短い会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)ぐらいはできないと生活していけないのです。緊張することによって吃音はもっと症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が重くなります。

 

それが吃音の一番の特長と言えるでしょう。吃音を改善する治療法としては、まず、その緊張感を和らげる事から始まります。くるしい生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)から抜け出してしまわなければならないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ