吃音症とあがり症の両方で悩んでいる

吃音症とあがり症の両方で悩んでいる

薬を使わない吃音改善法

吃音症とあがり症

自分で自覚する事により症状が悪化するのは心理的な要因によって起こることに共通しています。吃音症とあがり症はよく似ているだと言われています。原因は分かりませんが、子供の時から症状は現われていますね。

 

吃音症の克服をする為にはどんな事をすればいいのでしょうか?吃音症とあがり症の両方で悩んでいる人もいるようです。どちらも仕事をやっていく上で、問題でしょうね。相手に対してご自身の主張をうまく伝えられないことが多いのです。

 

その場の雰囲気で緊張してしまうので、言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)がスムーズに出てきないのです。もちろん、多くの人が人前でしゃべるときに緊張します。その程度が問題なのです。

 

自分で緊張していることを自覚しながら、パニックに陥ってしまうのでしょうね?条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)反射と考える方もいますね。ですので、その条件反射を訓練することにより、なくしてしまおうと言うことなのでしょう。

 

人はご自身の経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)の中で悪いことばかりを覚えていらっしゃるかもしれませんね。終わったことをいつまでも悔やんでしまうのです。あがり症と吃音症は、その根本は同じものになると思います。

 

吃音症の改善のためのトレーニングはさまざまなサイトで紹介されているのです。それらは異なった方法ですので、どれが良いのか自分で判断するしかありません。症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)に人それぞれなので、すべての人に効果がありますがないのです。

 

吃音症が気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)の問題である場合には、どんな人でも改善してよさそうなだといえると思います。しかし、それほど単純ではないと言うことでしょうか?心の奥底に原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)があるのかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ