短期間で吃音症を克服する方法

短期間で吃音症を克服する方法

薬を使わない吃音改善法

吃音症の誤解

吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)についての情報多数存在していますし、悩み改善のためのプログラム(コンピュータが目的に合わせて動くように命令を記述したものをいうこともあります)も多く存在します。しかし、そのすべてがただしいわけではありません。

 

WEBでは短期間で吃音症を克服する方法などが掲載されています。吃音症は個人差あり。すべての人に効果がある方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)は現在まで確認されていません。

 

また、医学的に吃音症の治療法が確立しているわけでもないのです。心療内科(精神科との違いは非常にあいまいで、その病院によっても畭なるでしょう)などで吃音症のことを診てもらっても、医師自体が詳しいことを知らないケースも多いようです。

 

吃音症は病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)ではないと言うことでしょうか?実際には吃音症のことで悩んでいる人はいるのですが、社会的な誤解によって改善される事が難しくなっているのでしょう。

 

アメリカの吃音症のミュージシャン(自分で作詞作曲を行い、演奏して歌う場合には、シンガーソングライターと呼ぶこともあります)が克服した経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)を基に、音楽を作っているんです。

 

このような地道な活動が吃音症で悩まされている人たちの励みになるのでしょうか?吃音症の人に落ち着いてしゃべるように言っても、なかなかそうはできないのです。気になりだしたら、緊張のスパイラルに入ってしまうためす。

 

どういった方でも人前で話すときには緊張します。その緊張を自分でコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)することができれば、吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)は改善できるでしょう。

 

人前で話す訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)をする事で、スムーズに話すことが出来るようになるでしょう。

 

吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)をどのようにして克服するかは、経験している人が書いたブログなどを見ることがいいですね。

 

しかし、残念ながらインターネット(最近では、意識が甘いためにブログが炎上したり、仕事をクビになったり、学校を退学になる人も少なくないでしょう)上の情報は誤ったものが多く存在します。それは吃音症に限ったことではありません。その中から正確な情報を拾い上げる事が大切なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ