吃音症を治すなら子供のときが早い

吃音症を治すなら子供のときが早い

薬を使わない吃音改善法

年齢と吃音症

まだ、しゃべることに慣れていない幼児の場合は吃音となるケースが多いと思います。おおよそ5%程度が吃音症になりますよ。しかし、その吃音症は年齢的なものですから、大きくなるにしたがって自然となくなっていきます。

 

そして、大人になった時には約1%の人が吃音症に減少しますのです。吃音症を治すためには子供の時の方が早いになるんです。しかし、子供に対して必要以上に吃音の矯正を促してしまっては、それ自体がストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)となって吃音がひどくなるケースもあります。

 

子供の時の吃音症改善は注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)を払わなければなりません。吃音症は身体的な異常ではなく、精神的なものと言われています。子供の時に親からやかましく注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)されていても、吃音が治るわけではないんです。

 

逆に親が厳格なほど吃音になり易いともいわれています。大人になってからは、吃音症を治す事は容易ではないんです。しかし、あがり症を治したり、人前で緊張しないようにしたりすることは訓練によって克服することができます。

 

それが、吃音症(あの田中角栄さんも吃音症を克服したんだそうです)の改善にも役立つ為す。吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)の人はしゃべる時に緊張しているのです。

 

緊張度合いによって吃音の症状も変わってくるのです。しゃべる時に必要以上に緊張しない訓練をすれば、吃音は改善できます。また、しゃべり方ものんびりとかみしめるようにしゃべります。

 

呼吸を止めないようにしてしゃべることだそうです。吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)で一生悩んで暮らすことのないようにしたいものですね。根本から吃音症を克服する事が出来るでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ