吃音症に効果がある治療法は?

吃音症に効果がある治療法は?

薬を使わない吃音改善法

現代の吃音症

現代の脳医学の発達によって、いろんなことがわかってきました。吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)もその一つでしょう。昔は吃音症と言っても、病気では無く気を強く持てば克服可能なと考えられていました。

 

周りから余計にプレッシャーをかけていたと言われていますね。これでは治るものも治らないかもしれませんよね。現代の吃音症への対応は、どのような事なのでしょう。一口に吃音症と言っても個人差があることがわかっています。

 

すべての人に効果がある治療法は無いでしょう。しかし、いろいろな方法を試すことによって、自分に合った方法を見つけることが出来るでしょう。

 

インターネットで吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)の克服方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)を調べてみましょう。

 

その一つを試してみるのです。うまくいかなかったら、自分に合っていないのだと割り切りましょう。そしていつかは克服出来るでしょう。吃音症は気にし始めると症状がひどくなることは、容易に想像がつきます。緊張することによって、喉や舌がスムーズにうごかなくなるからです。

 

しかし、そのような症状は吃音症の人に限ったことではありません。どのような人でも人前でしゃべろうとして緊張する経験はあるからなのです。訓練することによって、だんだんとスピーチは上手くなります。吃音症の人も同じ事なんでしょう。

 

自分が吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)だったとしても、ゆっくりしゃべることを心がけましょう。必要以上に気にしないことです。

 

言葉に詰まりそうになってしまったら、いったん深呼吸をするのです。吃音症が女性には少なく、男性に多い理由は明確ではありません。しかし、呼吸法の男女差が影響しているのではないかとも言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ