吃音症はどうやって治療するの?

吃音症はどうやって治療するの?

薬を使わない吃音症改善法

吃音症の治療

吃音症(人気キャスターの小倉智昭さんも幼い頃から吃音症で、プライベートでは未だに発症するのだとか)とはいわゆる「どもり」です。言語障害の一種とも考えられています。早口でしゃべると突っかかったり、言葉に詰まったりしてしまったりすることは違います。

 

原因としてはっきりとわかっていませんが、緊張することによって症状が悪化するケースはよくあるということになりますね。

 

また、小さい子どもの吃音と、大人(子供の頃は、二十歳を超えた人はみんなおじさん、おねさんにみえたものですが、実際自分がその年齢になってみると、案外、子供っぽい部分を残しているものですね)の吃音は少し性格が違います。

 

子供の時には脳の機能が未発達であるための吃音もあるためです。子供の時に吃音が治らなかった場合には、学校などで周りから指摘される事もあります。そのことが本人にとって、更に、プレッシャーとなり吃音が治らなくなります。

 

ひどい人の場合は対人恐怖症やひきこもり(長期間、自宅や自室から出ることができず、家族以外の人との直接的な接触がほとんどない状態をいいます)になってしまうこともあります。ちいさいころにはどもることによって、周囲からバカにされた経験を持っている人も多いのです。

 

5歳までの子供の吃音は5%程度の割合ですが、小学校では1%になります。そして大人(子供の頃は、二十歳を超えた人はみんなおじさん、おねさんにみえたものですが、実際自分がその年齢になってみると、案外、子供っぽい部分を残しているものですね)ではおおよそ0.8%と言われています。

 

どもりを克服するための方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)がいろいろとあるものです。インターネットで調べてみたところたくさんある事がわかります。治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)と言っても、外科や薬などで治すものではないものです。

 

基本的に気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)の問題と思っています。落ち着いてゆっくりしゃべれば問題ないのですから、身体の異常は考えられないになります。

 

吃音を毎日トレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)することにより改善する方法もあります。

 

緊張する事により吃音がひどくなりますから、緊張しなくて済む訓練(警察官や消防署員など、特別な職業に就くために受けることも少なくありません)をするのです。

 

あなたの周りにも吃音症の人がいるのではありませんか?その苦労はなかなか人にはわかってもらえないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ